店主のひとりごと 記事一覧

第27回 淳平寄席

イベントレポート 2020年2月7日

暖冬だったこの冬に、はじめて雪がちらついた2月6日(木)のお昼。
その寒さを吹き飛ばすような笑いが、『第27回 淳平寄席』で巻き起こりました。

桂紅雀さん、『湯屋番』。

銭湯の番台の代役を務めた遊び人、
その妄想から生まれる色気たっぷりの演技に場内は大爆笑。
マクラで出てきた、意外な落語会場の話も面白かったですね。

桂南天さん、『佐野山』。

鳴かず飛ばずで廃業間際の力士と、世紀の大横綱が繰り広げる人情噺。
良い話だなと思っていたら、そこは流石の南天さん。
要所要所に大きな笑いを仕込まれていました。笑いと感動をいったり来たり…

今回もお陰さまで大入満席となり、
会が終わっても場内からなかなか熱が引かないほどでした。
次回は6月10日(水)の夜7時開演となります。
またのご来場、心よりお待ちしております。

りんりん × じろう 二人展 モキュメンタリー

イベントレポート 2020年1月31日

京都造形芸術大学・油絵コースに在籍されているお二人による
初の展示会が、1月22日(水)~26日(日)まで開催されました。

「『モキュメンタリー』、それは擬似を意味するモックと、ドキュメンタリーのかばん語。
どこかにあるようでないようなモキュメンタリーのような立ち位置を持った作品たち」

りんりんさんはアクリルのキャンバスにパステルなどで、
じろうさんはPCやタブレットを使った作品を中心に描かれていました。
油絵コースだからといって油絵ばかりではなく、
写真や映像で作品を作る学生さんもおられるとの事。
皆さん、それぞれの形で表現をされているんですね。

キッカケになったのは、昨年末に開催されたmoeさん・ヨソプさんの二人展。
同じ油絵コースの友人である二人に大きな影響を受け、
ならば自分たちもと思い立ったんだそうです。

実際、自分たちの手で展示をするとなると分からない事も多いようで、
先に経験をしたmoeさんに助けてもらいながら設営されていました。
その甲斐あって沢山の方が訪れ、感想も貰えたようです。

「学外の方に見てもらえて、お話を伺えるのが新鮮です」と、
嬉しそうに話すじろうさん・りんりんさん。
作品を言葉で説明するのも、また大事なことなんですね。
こういった形で当店がお役に立てるのが、とても嬉しいです。

お二人もまだ2回生、これからも数多くの作品を生み出していくことでしょう。
絵を通じて、また様々なお話ができるのを楽しみにしています。

二胡とギターのコラボコンサート

イベントレポート 2019年12月15日

12月13日(金)、二胡とギターのコラボコンサートが開催されました。

二胡は中国・西安市出身の陳曼麗さん。
当店では初となる二胡の音色が、京町家いっぱいに広がります。
スタッフも生で聴くのは初めてです。独特のビブラートや音階の移りが、非常に心地よいですね。
お客さまから「行ったことがない筈の、中国の景色が見える」とのお声をいただきました。

ギターは当店お馴染みの山本幸二さん。
いつもはユニークなトークを交えての演奏になるんですが、
この日は曼麗さんの伴奏に徹して、名脇役として大活躍。
それでも時おりジョークが飛び出し、笑いを取っていました。

演奏の合間に、曼麗さんより二胡の紹介がありました。
その名の通りで弦は二本、そして弓は弦の内側を通っているんですね。
共鳴箱はニシキヘビの皮が張ってあり、これが音の命なんだそうです。

また、ミニ中国語講座も同時に開かれました。
語尾が上がるのが中国語の特徴だそうで、曲のタイトルなどを皆さんで練習。
異文化コミュニケーション、楽しいものです。

夜には衣装を着替えての2ステージ目。
伝統的な中国の曲だけではなく、童謡やジャズなども披露されるお二人。
これがまた、意外なほどにマッチしていました。

今年最後となるイベントも、お陰さまで大盛況。
演奏が終わってからも交流は続き、とても楽しい一日を過ごすことが出来ました。
また来年も様々な企画を準備しております、どうぞお楽しみに。

さろん淳平

営業時間 AM11時~PM6時
定休日 月曜日・火曜日

〒606-0862 京都市左京区下鴨西本町31-4
(北大路通り下鴨本通り西入る)
TEL 075-702-5501